忍者ブログ
DSソフトのオンラインカタログです。 ニンテンドーDS、Nintendo DS Liteのゲームについて。一覧、データ・機能等、詳細情報の紹介、本体や入手情報についても。 購入の参考に是非役立ててください。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

“”

同名映画のゲーム版。操作キャラ;ジャックやエリザベス、ウィルをステージごとに切り変え話を進めていく。シングルモードの他2人同時プレイのマルチプレイモード、タッチスクリーンを使ったミニゲームモードも収録。17の武器やガラス瓶など様々なアイテムを使って敵を倒すのだ~
PR
“”

2000年登場のアーケード版をベースにしたゲームだが、タッチペンでした画面にあるハンドルを回してプレイするためオリジナルとは違った操作感に仕上がっている。「カキ氷を削る」「エレベータを動かす」「たこ焼きを作る」「スシを回す」など全25種類のミニゲームを収録。2人プレイ可。勝利条件の違う3つのモードがある。
“”

新しい「ロックマン」シリーズ第一弾。横スクロールアクションで、状況にあわせて「ライブメタル」によってロックマンを変身させる。T・F・S(テクニカル・フィニッシュ・システム)を採用しており、敵が所持するライブメタルにダメージを与えずに倒すと其の分得られるライブメタルの量が増える。「能力の使い分け」がキー。
“”

GBAソフト「キャッスルバニア 暁の円舞曲」の1年後、魔王の生まれ変わりと言われる主人公、来須蒼真が再び活躍する。件や特殊能力を駆使し広大な迷路状のマップを探索。DSならではの機能をいかしたタッチペンによるアクションも面白い。
“”

ゴエモン、エビス丸、サスケ、ヤエちゃんの4人が東海道五十三次を舞台に冒険。上画面にマップやステータス、町の人ととの会話のセリフが表示される。桂歌丸がステージ間の紙芝居を講談風に語っている。
“”

周囲のゾイドを凶暴化させるダークゾイドを倒し復活した魔獣の謎を解く。ミッションは全部で40以上ある。自分だけのカスタムゾイドの作成、改造により行動範囲が広がる事も。通信対戦ではプレイヤー同士で、改造ゾイドを使った対戦を楽しめます。
“”

風来坊カンジガイとなり、謎の組織と漢字でガチバトルする活劇映画風のゲーム。上画面に表示される漢字の読みを書き込んで敵の戦闘員を倒すのだ!!漢字の画数分だけタッチスクリーンを連打したり、よみがなに当てはまる漢字を素早く選ぶミニゲームもあり。
“”

同名少女漫画のゲーム化。魔界の次期クイーンになる課題をパスするために必要な男の子のハートを、ショコラとバニラがモテアクションを使い集めていく。モテアクションを使って男の子を長時間連れ歩ければ高得点ゲット。
“”

コミックのゲーム化。ストーリーとイラストは今作品用に新規書き下ろし。ウェブを飛ばしたり、壁や天井に張り付いたり、スパイダーマンの動きは完全再現。人命救助などのミッションではDSの機能を生かしたアクションが楽しめる。通信プレイではマルチプレーヤーゲームも在り。
“”

横スクロールアクションが懐かしい、スーパーマリオブラザーズのDS版。クッパJr.にさらわれたピーチを助けるべく8つのワールドを冒険する。コースは全部で80個。本編の他、対戦モードや27種類のミニゲームも収録。ルイージも操作可能です!(ただし、隠れキャラになってます)
“”

同名映画のゲーム版。一人称視点のジャックと3人称視点のコングモードでゲームを進める。ジャックモードでは仲間を協力して恐竜と戦ったり謎を解いたりしてスカル島からの脱出を目指し、コングモードではシンプルなアクションをタッチペンを使って行う。通信プレイ専用にマルチプレイヤーゲームも在り。
“”

対戦に重点を置いている。1Pで遊べる「任務モード」を進める事により、操作出来るキャラが増える。原作のシチュエーションを再現した任務も多く、かなりのボリュームとなっている。
“”

誰でも気軽に楽しく遊べるシリーズの第四弾、DS版。平和を守っていた秘宝「モナムールストーン」が盗まれ悪用されてしまい、国に災いがやって来た。アミー国の娘・マテルからその話を聞いたスタフィー、スタピー、キョロスケの三人は秘宝を取り返しに王国へ向かう。
“”

シリーズのDS版。多機種と違い、パズル要素の入ったアクションが特徴。敵の動きを読みつつ虎バサミや地雷などを使い罠を仕掛けたり、複数のトラップを組み合わせて「トラップコンボ」する。おなじみの忍殺も健在。
“”

ポケモンの悪用をたくらむ謎の組織ゴーゴーだんに立ち向かうべくストーリーが展開。ポケモンの捕獲がDSならではの方法になっている。ストーリーを進めるとミニゲームも出来るようになる。
“”

同名映画のその後を描く。映画のラストに登場した「アンダーマイナー」を倒すためにMr.インクレディブルと相棒のフロゾンを使い分けながら地底世界のステージを進み世界平和を守る。経験値を上げてパワーアップも可能。2人協力プレイも可能。
“”

カエル『ケロケロ7』が簡単操作で華麗なスパイアクションを披露し、世界中の事件を解決していく。叩く、回す、吹くなどのDSの機能を生かしたアクションも多い。ストーリーモード、VS.モード、スパイギアモードなどが用意されている。友達との通信による情報・データ交換やピクトチャットも可能。
“”

1987年アーケード登場の作品をDSでリニューアル。主人公のバビーとボビーを操作し、タッチペンで虹を書いて敵に当て、虹を崩して上から敵に当てていく。虹を○や△に描くと特殊効果が発生したり、OVERモード発動中に星型の虹を描くと敵を全滅させれたりと、新要素も豊富。
“”

ガンダムシリーズのマスコット「ハロ」をタッチペンで弾いて操作、敵に体当たりして気絶させていく。くっついた敵を纏めて投げれば大爆発を狙えます。変身アイテムで「ガオガイガー」「ボトムズ」などの他サンライズ作品のロボットと合体し、特殊技も使える。必殺技にはアニメが付いて来る。
“”

サンリオのお馴染みキャラクター、赤い頭巾のうさぎの女の子「マイメロディ」を操作して7つのステージを進んでいき、クロミにさらわれた友達の救出を目指す。DSならではの機能を生かしたアクションゲーム。各ステージで「虹色の楽譜」というアイテムを集めると着せ替えが出来たりする。
NEWS
発売スケジュール
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カレンダーの日付をクリックすると、その日発売(予定含)のソフトの記事を表示します。
PR

ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]
◎ Template by hanamaru.